10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Google自動翻訳

最新記事

プロフィール

あいこ

Author:あいこ
はじめまして。
人の3倍濃い人生を
人の倍の時間をかけて
のんびりゆっくりと自分の糧に。

保育士・大手アパレル販売・大手ホテル勤務・大手キャリア促進営業部・看護士・・・各社員2~3年を経て
とうとう大学へ舞い戻ってまいりました。

やはり、好きなことからは逃げられそうになさそうです。

一人暮らし・社会人経験は10年以上。
キャリア組を捨て、玉の輿の結婚を白紙にし、
30歳直前にして単身京都で学生生活。

10歳差の集合地帯。
さてはて。自分のために、頑張りますヨ~。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りブログリンク

京都ROM

会社リンク

     

     

クックパッド
Cpicon *..+.デパ地下風..*ごぼうサラダ! Cpicon *:..おウチでキャラメルポップコーン* Cpicon 和風豚丼!

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮沢賢治

2011.02.28 22:22|映画・本

宮沢賢治。



前に岩手に行ったときも

花巻から真っ先に向かいました。



でも、・・・なんというか

子供の時に

どの作品も

不気味に寂しく思えたのです。



「怖い話」かと。



ユーモアはないっていうか

童話でも、やっぱり大人の童話というか・・・

外国の童話も

結局は怖い話しだし

子供ごころに

まだ

ちょっとジャンルは違うけど

小説類では「我輩は猫である」のほうが

馴染めてました。



もともと「これは、怖い話です」

って言われてたら

また違ったのだろうけども。



そんな私も

怖いながらにすきなのは

やっぱり童話で

「よだかの星」





「かしわばやしの夜」



「月夜のでんしんばしら」(絶対ホラーだ)



「どんぐりと山猫」



うん。どれも結局ホラーなんだけど・・・



「怖い話」は笑えるのですけども

こういう「不気味」や「摩訶不思議」なものは

怖いんです。



でも!



大人になったら見方も変わると思って。











私は

基本的に他人に興味ないし

他人の世界観も興味なし。



だれかがオススメだと言っても

自分がいいと思うものの世界観をかたくなに貫く

頑固な性格(笑)





でも、めずらしくある人が「好き」だという

このDVD、観て見ようと思いました。



「絵本」でも言ったけど

「本」はイメージが多様に広がるので

「個人の世界観」をあまり知られない。



でも、映像は

「視覚」

「聴覚」

「感受性」を

ハナから押し付けられてるわけだから

「●●がスキ」という人の

人間像が、その映像をみたら

なんとなくつかみやすくなると思っています。



ただ

私の性格上。



まずは!基礎から!



宮沢賢治について

もっと詳しくお勉強をして。

ノート一冊分くらいにまとめてから

見ようと思います^^



うーん。



この性格が

学生時代の先生の困り者だったみたいですが・・・。



大元のところから知りたいし

勉強大好きなので(笑)



それを理解したうえで見ると

とっても奥が深く感じられると思うのね?♪



注文した6時間後には届いて

驚いてますが(笑)



お楽しみは先延ばしで・・・。










[ PR ]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。