06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Google自動翻訳

最新記事

プロフィール

あいこ

Author:あいこ
はじめまして。
人の3倍濃い人生を
人の倍の時間をかけて
のんびりゆっくりと自分の糧に。

保育士・大手アパレル販売・大手ホテル勤務・大手キャリア促進営業部・看護士・・・各社員2~3年を経て
とうとう大学へ舞い戻ってまいりました。

やはり、好きなことからは逃げられそうになさそうです。

一人暮らし・社会人経験は10年以上。
キャリア組を捨て、玉の輿の結婚を白紙にし、
30歳直前にして単身京都で学生生活。

10歳差の集合地帯。
さてはて。自分のために、頑張りますヨ~。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りブログリンク

京都ROM

会社リンク

     

     

クックパッド
Cpicon *..+.デパ地下風..*ごぼうサラダ! Cpicon *:..おウチでキャラメルポップコーン* Cpicon 和風豚丼!

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぁに?これ。

2005.07.17 04:06|ネコ日和
bhgtyiok_p.jpg


おじいちゃんが亡くなった日曜日。
6月29日。
その日は私の、初めてのファッションショーの日でした。


だんだん弱っていくおじいちゃんと向き合うのは
とても力のいることでして、
私はどう声をかけていいのか分からないまま
何日もお見舞いに行き、
私のことを妹だと勘違いし
「孫は一人だ!」と笑って話すおじいちゃんの前で
10歳年下の妹のフリをし続けていました。

それが精一杯だった。

ごめんね、おじいちゃん。
記憶に残る、いい孫になれなかったよ。


最後は、自分の息子に看取られて
亡くなられました。
父からしたら
唯一の親。

私は、まだ分からないけれど
お通夜の前に一人
おじいちゃんの前に座る父親の背中は
堂々としているのに
なんだかとても、悲しさが重たかった。


おじいちゃんの意向で
質素な身内のみのお葬式。
私の父親の時は
立場上何千人と来られるだろう。
その長女である私。
きちんとその大衆の前に出られる人間になれているのだろうか。

まだ分からないけれど
最後まで恥ずかしい思いはさせたくはない。
なるべく頑張るけど
もう少し、もがいてしまうから
まだ、元気でいてほしい。


親孝行はきっとできない。
でも、私の親孝行は、きちんと立派になって
前を見れることかもしれない。
だから、待ってて。
まだ時間はかかるけど。

「このコが娘でよかった」
そう思えるように精進はするので
まだ方法を模索中なので、もうしばらく
元気で。





しんみりは
ここまでで。


7月。実家にお仏壇が届きました。

何もしらない(当たり前だろ〃 ̄ω ̄〃)
ニャンコsは。
早速下調べ。

img20070912_p_20110417041240.jpg



順番に
興味津々!!


img20070912_1_p_20110417041239.jpg




最後には
ふたりそろって・・・
ひそひそと(・_・*)(*・_・)
img20070912_2_p_20110417041239.jpg


ニャムニャムおがんでね。
(-m-)”
スポンサーサイト

テーマ:犬猫のいる生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。